会社設立で苦労した意外なこと③

LINEで送る
Pocket

今回が最後です。

移転登記完了したのが9月19日、ダメ元でホームページがない状態で速攻で世田谷で近所の大東京信用組合三軒茶屋支店に口座開設を依頼しました。実態確認ということで担当者の方が登記住所に訪ねてきました。執務室で軽く談笑して事業内容なんかをモニタで説明し、頑張ってくださいねと優しい言葉もかけてくれて、かなりいい感じの雰囲気で帰っていかれました。さすが地域の金融機関、わざわざ訪ねてきてくれて事務的な感じじゃないし、実際説明にも納得してくれてたみたいなので、今回ばかりは行けそうだな~。と思ってると「残念ながらこの度は・・・」って電話がかかってきました、、、。まじか、、、あの担当のおじさんも、いい感じでビジネスの話をききながら、心の中ではオレオレ詐欺業者かなんかだと疑いの目で見ていたのかな、、、 (゚ロ゚;) 。もはやなんのために口座を作らせてくれないのかよく分からなくなってきて、お前は事業をやっちゃだめだと言われているような気がしました。審査厳しすぎだろっ!

やはりホームページを用意してから近くにある残り2つの信用金庫、信用組合に行くことに決め、ホームページ開設まで口座開設申請延期することになりました。ホームページの制作は9月中旬からスタートしていたので平行して打合せを重ねていました。今見返したら9/8に友人のWEB制作会社とキックオフを開始したみたいです。ウェブページ開設までの道のりはざっとこんな感じ、

9/8 キックオフMT
9/M~9/E ワードプレステーマ決定
10/F~10/M コンテンツ決定、ページレイアウト、原稿作成
10/E レイアウト、コンテンツ調整、プライバシーポリシー作成
11/F 最終調整、画像差替え、開設に向けたブログ記事作成
11/8 ホームページ納品、開設完了

開設当日、朝から全東栄信用組合世田谷支店に直行、その日のうちに登記住所に訪問していただき、「夕方通帳発行して持ってきますね」という返事?ん??審査は???って感じに一瞬なるくらいあっさりOKで「今日もらえるんです?」と思わず聞き返してしまいました。HPも事業内容もしっかりしてるんで問題ないですよ。と言っていただき遂に法人口座を開設するに至りました。8月から3ヶ月以上が経過、何度も何度も断られ続け、通帳を手にする最後まで油断できませんでしたが、無事夕方4時頃に届けていただきました。

また、最後の西武信用金庫三軒茶屋支店でも、あっさり当日に口座を開設していただくことができました。その際も「ホームページかっこいいですね」と担当の方に言っていただき、事業開始時のホームページの重要性と偉大さを心から思い知りました。やまちゃんホームページいい感じで作ってくれてありがとう!

すぐさま税理士に報告し増資の手続きやら、税理士の顧問料やら、オフィスの物件探し、創業支援融資申込みなど口座がないがためにできなかったすべての手続きを怒涛のように進め、11月中に増資登記、12月29日年内すべりこみでオフィス物件の申込み、創業支援融資を無事受けることができ、無事2019年1月1日から気持ちよく事業を開始できる運びとなったのでした!

融資完了までを考えると設立から5ヶ月、事業を開始するにあたっての手続きだけでかかってしまっているので、もし万が一2019年1月になって設立登記をしていたといたら、、、6月まで引っ張っていたことになります、、、。死んでますね笑

ということで、法人口座の開設に思いもよらず苦労した話でした。

より具体的に創業時の感覚を知ってもらうためにかなり具体的に起こったことを書いてみました。これから企業を考えている方がいて、事業を立ち上げる目標としている時期があるのであればできるだけ前もって登記や口座開設を進めておくことをおすすめします。

最後にホームページはめちゃめちゃ重要です。
当社はホームページデザイン、制作も請け負っておりますのでこれから起業する方でホームページを作ろうと考えている方!お気軽に当社にご相談ください!

LINEで送る
Pocket