会社設立で苦労した意外なこと②

LINEで送る
Pocket

昨日の続きです。

メガバンクの銀行口座が作成できないというところまでお話しましたが、その後ゆうちょ銀行の審査が簡単ということを聞き8月後半にゆうちょ銀行にも申請しました。1,300万円しか預け入れできないというデメリットはあるもののわらにもすがる思いでしたが、2周間後に届いた結果は同じく審査落ち、、、流石にこれには落ち込みました。

そんな経緯のなか、9月に入って最後の砦だった地元の信用金庫で口座開設をすることにしました。

①レンタルオフィスで登記している(実態確認できない)
②会社のパンフレット、ホームページがない (実態確認できない) 
③資本金が小さい?
④売上を立てる事業での契約書や発注書、請求書、決算書がない※立ち上げ時はそもそも無理なので会社が成熟するまではメガバンクは門前払いということだと思います。

という状況の中、可能な限り懸念事項を潰しておかないとまずいと考えその時点で改善可能な①と②をクリアしてから申請することにしたのです。(③番は口座がないと実行できず、④番は事情により年内は売上を立てるつもりがなかった。)

一度審査で断られるとしばらく同じ金融機関では審査落ちしてしまうため、ここで法人口座が作成できなければ完全に積みます。

まずは①番に取り組みました。もともとオフィスを構えるのであれば、利便性を考慮し渋谷区か世田谷区を考えていました。ただ、口座がない状態でいきなり商業ビルにオフィスの賃貸契約をするのは不可能であったため、住居兼オフィスとして使え、信用金庫の担当者が実態確認をしに来たときに会社として実態があることを確認できるそれっぽいビジュアルの居住物件を探しました。駅前の不動産屋に出向き渋谷区、目黒区、世田谷区で広く検索してもらったところSOHO契約可能な物件数、なんと2~30件ほど、、、。検索システムはRAINSなのでほぼすべての物件が登録されているはずです。何件か条件が近い物件をピックアップしてもらったのですが、どれも古い。70年台のアパートみたいなところばかりで、おそらく実態確認で、、、となってしまう物件しかありませんでした。

そしてたまたま見ていたスマホの検索サイトで条件にピッタリマッチする物件にSOHO可のチェックが!ダメもとで連絡したところ、担当の女の子が登記は無理だと思うけどオーナーに確認してくれるとのこと。あまり期待せず待っていたらすんなりOK、即決で物件を契約することになりました。(後で知ったのですが、たまたま見ていたタイミングでSUUMOだけに登録されたばかり、半日申し込みが遅れたら契約できなかったそうです。)これは本当に今でもラッキーだったと思います。

ただ、世田谷、、、2LDKの物件、執務室は確保できるのですが家賃が高い。とてもじゃないけど一人では支払いができませんでした。今後のことを考えると固定費は極力減らしたい!そこで、 プライベートでもよく飲みに行っていた仲のいい友達に相談したところ、たまたま都内への引っ越しを計画中だったようであっさり了承を得、一部屋貸すことで家賃の節約に成功しました。なんだかんだで物件探しは順調に進み、9月後半にはオフィス兼住居を無事構えることができました。ここまで準備だけで2ヶ月、いろんな手続きや作業があって会社始めるって時間かかるしほんと大変だなぁ、とこころの底から実感したのは忘れられません笑。あと無関係な僕の企業のためにシェアハウスしてくれた友人には感謝してもしきれません。まじでありがとう!(シェアハウスノリノリだったからまーいっか笑)

だらだらと長くなりました。同じような境遇の今から起業する人の参考になればと極力ディティールを細かく書いてますのでご理解ください。

今日はここまで。明日はホームページ開設から口座開設までを書いてみようと思います。起業準備系の話で質問などあればメールでお気軽にご連絡ください。

LINEで送る
Pocket